外で遊びたい&ピクニックしたい

 外で子供と遊びたい&ピクニックしたい

いちばんのおススメはトップページに記載している複合観光施設内でしょう。


まずはスカイパークあざみ台 、久住高原にはいってすぐ絶景を楽しむか、帰りに夕日を確認するか。
必ず写真に収めたいヒトコマですね。
広い芝生はフリースペース、子供さんと一緒に思いっきり遊べます。
遊んだあとは売店でなにか購入してくれるとうれしいです(^^♪

次に ガンジーファーム
昨年のソフトクリーム売上全国1位。
このおいしいソフトクリームを食べながら子供さんと一緒にカブトムシの園内カーに乗ったり、動物のふれあい広場で小動物とふれあったり。
また酪農工場の見学や乳しぼり、乗馬体験など、「見て、学んで、遊ぶ」ふれあい牧場です。

くじゅう花公園
なんと中学生以下のお子様は夏休み期間中の入園料が無料!!
園内の体験コーナーやイベントもいろいろあって夏休みの自由工作なども一気に片付いてしまうかも!
また広い広い園内で持参のお弁当を広げてのピクニックもOK!
ただし、ゴミはお持ち帰り下さいね。

その他、芝のある上で遊べる場所としてはパルクラブの広場や星ふる館横の日本一長いマラソンコース。
こちらは遊歩道も花公園先までずっと続いていますのでウォーキングにも最適。


草原はお食事ご利用後にくじゅう水泉郷カフェボイボイのキャンプ場敷地内などがあります。
何か体験したいときにはガンジーファームやくじゅう花公園のほか、くしふるの大地でスィートコーン(こちらは残りわずかと聞きました。)やミニトマト、ブルーベリーの収穫体験などができます。

またピクニックには高原からは少し離れていますが納池公園桜の森公園などもあります。
お弁当やお菓子などを購入するときは久住町商店街にある ショッピングあだちで!

※久住高原ではありませんがお隣阿蘇郡産山村(うぶやまむら)の産山牧場は遊び・ピクニック共におすすめですよ。
広い芝生のふれあい広場やアスレチック、動物のエサやり体験、乳搾り体験、パークゴルフ、乗馬、セグウェイなどお楽しみがいっぱい。
阿蘇へ行くのも産山を通っていくと近道です。
他にもあるかもしれません。
見つけましたら追加していきます。

 久住高原の楽しみ方(ルール)
久住高原の大自然と壮大な景観をいつまでも維持していくために皆様へお願いしたいこと。

1、キャンプは決められた場所で。
久住には数か所、キャンプ場があります。
決められた場所で堂々とキャンプを楽しんでいただければと思います。

2、持ち込んだゴミはお持ち帰りください。
久住には 放牧している牛はもちろんのこと、野生の動物たちがたくさんいます。
ゴミとなった紙、ビニール、プラスチック類が風でどこかに飛んでいき、牛や野生の動物たちを傷つけてしまわないとも限りません。
また久住高原にゴミは似合いません(他でも似合う場所はないと思われますが・・^^)
(草を刈るときに機械に巻き込んでしまい、牧草とともに牛がたべてしまったりとかあるそうなので・・・)
登山される方もどうぞよろしくお願いします。

3、牧草地への立ち入りはご遠慮ください。
草原や芝生、入っていいかどうかわからないときは近くのお店の方へご確認くださいね。

 



トラックバックURL

http://allkuju.net/toriten-1583.html/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です