グリーンファーム久住


『久住高原の卵』といえばグリーンファーム久住。
敷地内の鶏舎で3万5千羽以上のニワトリを飼っています。

国道442号線沿い牧の元交差点近くに設置されている卵の自販機には毎日多くのお客さんが来て卵を買い求めています。
時間によってはすべて売り切れて買えないこともあるほど。
それもそのはずこの卵にはこだわりがいっぱい。
こだわりその1、ヒナの時から土の上
鶏をヒナの時から平地で自由に育てているのでストレス知らず。大地の上でしっかり運動し、丈夫に育ちます。

こだわりその2、BMW技術
BMW技術というのはバクテリア(B)を利用して、ミネラルバランス(M)に優れた「生物活性水」と呼ばれる水(W)を作る技術。それを応用すると家畜の尿は液肥に、ふんは堆肥に変わるそう。
この液肥は無臭で、家畜に飲ませると腸内の善玉菌がふえ、排泄物の臭いが少なくなるとのこと。
鶏舎にまくとふんの腐敗を防いで発酵させるので、完熟堆肥が早くできます。また植物に散布すれば、根を強くします。
この完熟堆肥、町内市内はもちろんのこと県外からも有機農家の人達が買いに来るそうです。。
畜産排泄物を「循環」させて農業に生かす、素晴らしいですね。

こだわりその3、安全性の高い餌を与えている
安心して食べてほしいから、母鶏に与える飼料からこだわりました。
たまごを産む重要な期間、母鶏に与える飼料はすべてnon-GMO(遺伝子組み換えでない)飼料を使用。
また、その中のとうもろこしはさらにポストハーベストフリー(収穫後の農薬不使用)です。

このようにこだわり抜いた環境や水・餌で育てた鶏のタマゴは『安全・新鮮・美味しい・健康』
その証拠に卵白と卵黄を一緒に横から箸でつまんでも崩れずに持ち上がります。
見た目も一目瞭然ですよ。


(有)グリーンファーム久住
住所 大分県竹田市久住町大字久住4066-2
TEL 0974-76-1411
FAX 0974-76-1412

自販機が新しくなりより一層便利になりました。
以前は20個入り1パック400円と2パック800円だけだったのが1パック400円、小玉16個入り300円、
10個入り200円から選べるようになりました。
また2パック以上欲しいときも続け買いができます。
千円札も使えるようになりました。


アナウンスが大きいのでちょっとビックリするかも(^_^;)

こちらのくじゅう高原.com関連記事もどうぞ。
 高原育ちのTAMAGO(グリーンファーム久住)が自販機で

久住高原の新鮮卵 グリーンファーム久住

グーグルマップはこちら

大きな地図で見る

卵の自動販売機は442号線沿いです。
牧の元交差点信号より少し竹田方面へ下った所です。



トラックバックURL

http://allkuju.net/kushihurunodaichi-1262.html/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です